”浮き”からの展開

”浮き”によって崩しを掛け、

そのまま入る「直入り身」、
肩に浮きを掛けたまま小手返し方向に返す「呼吸投げ」、
同じく肩に浮きを掛けたままクルッと回ると「四方投げ」になります。

四方投げは、相手の肩に掛けた浮きつながりが切れやすいので、
浮かせた肩をじっと見つめて、目を切らない(見つめ続ける)ようにすると上手くいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です