稽古中に言ってはいけないこと

稽古中にあまり言ってはいけない言葉があります。

それは、こんな言葉です。

「難しい」

「できない」

「どーせムリ」

「難しい」と言い続けると、

技を身に付けるのがどんどん難しくなり、

「できない」と言って、

自分の可能性を潰してしまって、

「どーせムリ」だと決めつけて、

他の稽古生の可能性まで奪おうとしてしまいます。

甲野善紀先生の言葉で、

『できればわかる、わかればできる』

というのがあります。

できて初めて「あぁ、なるほど!」と解る。

解れば「こうしたらどうだろう?」と工夫が入り、

もっとできるようになる。

けれども、
そもそもやってみなければできるようにならない。

素直な心で稽古に臨むことが大事なのです。

明日の稽古も、どうぞよろしくお願いします。

平田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です