第3回 天霧講習会 in 仙台のご報告

(御仲ヒコ先生のFacebookより)

ご報告

こんにちは。
合気武術 仙心会の平田です。

先日の「第3回天霧講習会 in 仙台」には、おかげさまで多くの方にご参加いただき、これまでよりも更に素晴らしい講習会になりました。

ご参加くださった皆様には、多大なる感謝を申し上げます。

今回は御仲ヒコ先生の講義を受けるべく、北海道や京都からのご参加もあり、先生のカリスマ性と、今後の全国的な発展性を感じさせられました。

ヒコ先生自身、天霧もどんどん発展・進化していると仰っていますので、今後の展開が楽しみです。

 

鎖骨の連動

今回初めての参加者も多かったので、先生には基礎の部分をしっかりと指導していただきました。

今回の稽古で私が感じたのは、鎖骨の重要性です。

これまでの講習会で、しっかりと肩甲骨の動きについては学習させていただきましたが、それが備わって来たせいか、相手の意識を誘導・制御するのに、鎖骨が非常に大きな役割を果たしているように感じました。

両手を頭上に挙げてブルブルと振り、脱力によって手をパッと降ろす準備運動がありますが、
これは鎖骨の開閉と脱力の練習なのではないかと思いました。

 

講習会以降、仙心会では鎖骨をテーマに稽古を行なっています。
もっと深い理解が得られたなら、皆さまにシェアしていきたいと思います。

 

今後とも、稽古方どうぞよろしくお願いいたします。

(平田)

 

夜の部の「コトタマ勉強会」についても何かしら書き起こしたいと思いましたが、まだ私には力量不足のため、いつか書ける時のためにとっておきたいと思います。

 

One thought on “第3回 天霧講習会 in 仙台のご報告

  1. Pingback: 2018年3月の稽古予定とお知らせ – 合気武術 仙心会-仙台市で活動する合気道研究会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です